前へ
次へ

インターナショナルスクールの特徴とメリット

インターナショナルスクールとは、主に外国人の子どもが通う学校です。仕事や何らかの事情で、日本に住んでいる外国人の子どもの多くが在籍していて使う言語は英語とされています。法律で定義された正式な学校ではありませんが、同じように授業や行事を行うのが特徴です。そして外国人だけではなく、日本人でも入学している人は多くいます。もともとは外国人が対象でしたが、今では日本人の間でも知られる存在になっています。特徴として挙げられるのが学費の高さです。一般的に、年間200万以上はかかると言われています。学費には授業料のほか、教材費や遠足代などがあり支出項目においては、日本の学校と変わりありません。日本人が通う際の、インターナショナルスクールならではのメリットを2つ紹介します。ひとつは、英語が身につくことです。基本的に授業や勉強は全て英語で行うため、覚えなければ会話すら成り立ちません。常に英語を話す環境があるからこそ、必然的に覚えやすくなるわけです。また、多様な感性に触れられるのも利点です。さまざまな国籍の外国人がいるので、それだけ多様性があふれています。日本人にはない感性を体験することで、視野が広がる可能性が大きいです。最後にまとめると、一般的に外国人の子どもが通いますが、日本人でも入学できます。英語が身についたり外国人とコミュニケーションが取れたり、多くのメリットがある魅力的な場所です。

Page Top